Home » ブログ » メリダ リアクト DISK 4000をDi2化!【その2】

メリダ リアクト DISK 4000をDi2化!【その2】


今回はハンドル周りの処理です。 どうせやるなら、ということで ハンドルも内装対応のものです。貰い物ですが。 ケーブル穴の出口の内側が鋭利なのでヤスリで面取り。 これをやっておかないとケーブルがズタズタになります。 ワイヤー式の場合はインナーワイヤーをガイドにして ハンドルの中を通せますが、 電動式のケーブルは柔らかいので無理です。 別のワイヤーで引っ張ってやる必要があります。 針金でもいいんですが、ケーブルとの接続が大変なので やはりここは専用ツールが便利です。 パークツール IR-1.2 インターナルケーブルルーティングキット やってることはカテーテルと同じような感じでしょうか? 医者になった気分です(笑) コツとしては太いものから通すとか、 出口が曲がっている方からガイドケーブル入れるとか いろいろあります。 楽しいです、はい(笑)
http://www.facebook.com/pages/p/105484162904031